社会福祉法人親和会 さざなみ学園

事業案内

  1. 相談支援事業

相談支援事業

sodan_top

障がいを持つお子さまが住み慣れた地域の中で、自分らしく活き活きとした生活がおくれるように、日常生活全般に関する相談に応じます。困っていること不安に感じていることがあれば、お気軽にご相談ください。専門の相談員が一緒に考えます。

相談支援事業は、法律で定められている市町村の必須事業です。福祉サービスを利用される方については「計画相談」で関わり、利用されてない方も出雲市の委託事業所の役割である「一般相談」としてお手伝いをさせて頂きます。いずれについても、「当事者中心」「中立公平」の立場で・ネットワーク作り(関係機関の連携)をして、支援者を増やしていきます。
もうひとつ大事なことは「エンパワメントを引き出す」関わりです。当事者の方々は生きるパワーを持っておられます。底力です。それを十分生かすことができる生活を支援します。子どもさんや保護者の方も同じです。また、子どもは成長期の真っただ中にあり、適切な環境のもとで目覚ましく成長していきます。その発達の節目でニーズや関係機関が変化していきます。ニーズに添って支援をつなげていくことが重要な役割になります。相談支援事業所さざなみ学園のキャッチフレーズは「フットワーク軽く、笑顔でお手伝い」です。ご本人やご家族の想いを聞いて、応援チームを作ります。お気軽にご相談ください。

開催日 月曜日~金曜日
時間 9:00~17:00
メールでのお問い合わせ