社会福祉法人親和会 さざなみ学園

事業案内

  1. ぽこぽこ

児童発達支援センター ぽこぽこ

pokopoko_top

日々の生活のなかで子どもたちが笑顔いっぱいに過ごせるよう、各専門スタッフが連携して支援し、トータルケアを目指します。

児童発達支援:定員10名

hattatsu

対象

言葉や運動の発達・身のまわりのこと(食事や排せつなど)・遊び方・きょうだいや友達との関係などに、心配ごとや気になる傾向がある、就学前までのお子さま。

目的・方針

子どもたちが日常生活における基本的動作を習得し、集団生活に適応することができるよう、子ども一人ひとりの発達の状況や置かれている環境に応じて療育・支援していくことを目的としています。 個別の支援計画書(児童発達支援計画書)に基づき、必要な療育・相談・助言等のサービスを提供します。

利用時間
月~金曜日 9:30~14:00
休館日 土日・祝日・お盆・年末年始
※送迎サービスあり

放課後等デイサービス:第1(小学生)定員10名、第2(中高生)定員10名

平成25年6月1日より、就学児を対象とした障がい児福祉サービス・放課後等デイサービスが開所されました。一人ひとりにあった個別の支援計画を作成してそれに基づいて各専門スタッフが連携して支援を行っています。様々な活動を通して、日常生活の充実や子どもたちの豊かな成長、発達を目指しています。

サービス提供日 ①月~金曜日
②長期休業期間(春休み、夏休み、冬休み等)
サービス提供時間 ①下校後~17:00
②9:00~17:00

広い体育館や室内温水プールがあります。

小集団療育~音楽あそびやクッキング、
制作活動などを行っています。

保育所等訪問支援

幼稚園・保育所等を現在利用中の障がいを持ったお子さま、または今後利用する予定のお子さまが、幼稚園・保育所における集団生活の適応や安定した利用ができるために、幼稚園・保育所等を訪問し専門的な支援を行います。

利用料金について

法定利用料金(児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援)

ご利用料金は、障がい福祉サービスの法定利用料に準じて、ご利用料金の1割負担していただきます。ただし、1か月あたりの負担額については世帯の収入・資産に応じて「負担上限月額」が設定されています。(「負担上限月額」は受給者証に記載されています。)それを超えて負担する必要はありません。

法定利用料金以外の料金

児童発達支援
  • 食費:250円、350円、650円
    ※負担上限額によって異なります。
  • 日用品費:50円
放課後等デイサービス
  • 食費(希望者のみ):650円
  • おやつ代:100円
  • 日用品費:50円

ご利用の流れ

  1. 見学・体験参加
  2. サービス等利計画書の作成
    ※作成は相談支援事業所へ依頼します。
  3. 市役所にて「障害福祉サービス受給者証」発給の手続き
  4. 「ぽこぽこ」との契約
  5. ご利用開始
メールでのお問い合わせ